安芸高田市議会議員補欠選挙の候補者って誰?選挙情報まとめ【安芸高田市議補選2024】

安芸高田市議会議員補欠選挙の候補者って誰?選挙情報まとめ【安芸高田市議補選2024】

X今回の安芸高田市議会議員補欠選挙は、武岡隆文元市議の逝去に伴い行われる選挙です。全国的に注目を集めている市長選挙と同時の実施であり、いつもは投票に行かないけれど今回は興味がある、という人も多いのでは?
立候補予定者や投票所などの情報をまとめたので、ぜひ投票の参考にしてみてください!ぜひ投票の参考にしてみてください!

投票結果などの速報もこの記事で随時更新していくので、ぜひ確認してみてくださいね。情報更新の際にはYouth Vote! HIROSHIMAのX(旧Twitter)でも情報をお知らせします!

安芸高田市議会議員補欠選挙とは?

安芸高田市議会議員補欠選挙2024は、武岡隆文元市議の逝去に伴い、安芸高田市長選挙と同時に実施されます。

今回の安芸高田市議補選に関する基本情報をまとめたのが以下の表です。

告示日 6月30日(日曜日)
選挙期間 6月30日(日曜日)~7月6日(土曜日)
投開票日 7月7日(日曜日)
定数 1

安芸高田市議会議員補欠選挙にはどんな立候補予定者がいるの?

安芸高田市議会議員補欠選挙の立候補予定者は以下の通りです(敬称略)。現時点で、新人3名の立候補が見込まれます。

立候補予定者については情報が入り次第、随時更新していきます。情報更新の際にはYouth Vote! HIROSHIMAのX(旧Twitter)でも情報をお知らせするのでぜひフォローしてお待ちください!

  • 小松 かすみ(不明・新人)
  • 佐々木 智之(無所属・新人)
  • 益田 一磨(不明・新人)

続いて、各立候補予定者の簡単なプロフィールをご紹介します。

紹介する内容は以下の通りです。

  • 名前(よみがな)
  • 性別
  • 年齢(令和6年7月28日時点)
  • 現職、新人、元職のいずれか
  • 所属党派/推薦
  • SNSやWebサイトなど

なお、掲載順につきましては50音順としています。

小松 かすみ氏

小松 かすみ氏についての情報は以下の通りです。

  • 小松 かすみ(こまつ かすみ)
  • 女性
  • 52歳
  • 新人
  • 不明
  • 現時点で確認できず(6月6日)

佐々木 智之氏

佐々木 智之氏についての情報は以下の通りです。

  • 佐々木 智之(ささき ともゆき)
  • 男性
  • 35歳
  • 新人
  • 無所属
  • 現時点で確認できず(6月6日)

益田 一磨氏

益田 一磨氏についての情報は以下の通りです。

  • 益田 一磨(ますだ かずま)
  • 男性
  • 30歳
  • 新人
  • 無所属
  • WebX

安芸高田市議会議員補欠選挙の期日前投票所や投票所はどこ?

安芸高田市議会議員補欠選挙2024では、当日投票所は町ごとに複数箇所に設定される予定です。詳細については安芸高田市のHPをご覧ください。

期日前投票所は市役所本庁および支所で、7月1日から7月6日の8時30分~20時の日程で開設される予定です。詳細については安芸高田市のHPをご覧ください。

気になる議員がいたら、ぜひ情報収集や投票へ!

今回は、安芸高田市議会議員補欠選挙の候補者などについてまとめました。

追加情報などがあれば随時更新していきますので、ぜひご確認ください!
情報更新の際にはYouth Vote! HIROSHIMAのX(旧Twitter)でも情報をお知らせします。

また、広島県内で2024年に実施される他の選挙についてはこちらの記事でまとめておりますので参考にしてみてくださいね!
広島で2024年に実施される選挙一覧!候補者や日程情報も網羅!

細心の注意を払って発信しておりますが、情報の誤り等ございましたらお手数ですがお問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。確認の上、適宜対応させて頂きます。

この記事を書いた人

武本 裕紀

Youth Vote! HIROSHIMA 共同代表。 広島在住の大学生・フリーランス。 大学進学で広島にやってきて今に至る。 在学中の経験から政治に興味を持ち、政治家の広報を手掛けたり、選挙を手伝うなど様々な現場を経験。 気軽に政治に触れられる機会が足りないとの思いから当メディアを設立。
著者情報ページ

この記事を書いた人

武本 裕紀

Youth Vote! HIROSHIMA 共同代表。 広島在住の大学生・フリーランス。 大学進学で広島にやってきて今に至る。 在学中の経験から政治に興味を持ち、政治家の広報を手掛けたり、選挙を手伝うなど様々な現場を経験。 気軽に政治に触れられる機会が足りないとの思いから当メディアを設立。
著者情報ページ