コンテンツ 一覧

選挙の知識

選挙の知識

選挙に関わる基本知識や、知っているとちょっと得する情報などをお届けします。

広島と政治

広島と政治

広島の政治や広島の皆さんに関わる政治の情報をお届けします。

政治News

政治News

Coming soon...
記事公開をお待ちください。

News

News

Youth Vote! HIROSIMAに関する最新情報をいち早くお届けします。

新着記事はこちら

違憲状態と違憲の違いとは?合理的期間や直近の事例も解説

国政選挙が終わるとともに報じられる1票の格差問題。あなたも最近よく目にするのではないでしょうか?訴訟が行われてる中で、違憲状態判決という言葉が飛び出して、「違憲状態ってなんだ?」「違憲とか憲法違反と何が違うの?」と疑問を持った人も多いですよね。そこでこの記事では、違憲状態とは何か、違憲判決との違いや裁判の流れ、広島にも関わる最新の情報をわかりやすく解説します。

→記事を読む

選挙区制とは?比例代表との違いや広島の選挙区も簡単解説

日本の選挙では、選挙区制と比例代表制の2種類が導入されています。しかし、いざ選挙区制とはどんな制度かと言われると、わからないという人も多いのが現実。そこでこの記事では、選挙区制度とはどんな制度で、比例代表制とはどう違うのか、そしてリアルタイムで変化する広島の選挙区についてもわかりやすく解説します。

→記事を読む

【東広島市】落海直哉市議 – 困っている誰かのために

今回は、東広島市議会の落海直哉議員にインタビュー。波乱万丈な経歴や、議員になるまでのきっかけや原動力についてお話を伺いました。Youth Vote! HIROSHIMAでは政治に関わる方のリアルな声をお届けしていきます。

→記事を読む

【海田町】兼山益大町議-みんなでよくなる町に

今回は、海田町議会の兼山益大議員にインタビュー。議員になった意外な経緯や、政治家・個人としての裏表のないポリシーについてのお話を聞かせて頂きました。Youth Vote! HIROSHIMAでは政治に関わる方のリアルな声をお届けしていきます。

→記事を読む

小選挙区制とは?小選挙区比例代表並立制や広島の選挙区割も解説

日本の衆議院選挙で導入されている小選挙区制とはなにか、どうして導入されているのかと訊かれると、あなたはすぐに答えられますか?この記事では小選挙区制とはどのような制度なのか、メリットやデメリットはどのような点なのかはもちろん、衆議院で導入されている小選挙区比例代表並立制や広島の小選挙区についても徹底解説します!

→記事を読む

比例代表制と選挙区制の違いをわかりやすく解説

国政選挙では比例代表制と選挙区制の2種類の選挙制度が導入されています。しかし、特に比例代表制については、仕組みが良くわからないという人も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、比例代表制と選挙区制の違いや、衆議院と参議院での比例代表制の違いをわかりやすく解説していきます。

→記事を読む

1票の格差とは?問題点や解決策、広島への影響も解説

「1票の格差」という言葉が衆、議院や参議院などの国政選挙のたびに取り沙汰されますよね。でも、実際のところ1票の格差とは何なのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか?そこでこの記事では、1票の格差とは何なのか、問題とされる理由や解決策、広島に与える影響について、詳しく解説していきます!

→記事を読む

不在者投票のやり方は?いつからいつまで請求できるかも解説

不在者投票よくわからないという人も多いのではないでしょうか。実は進学などで住民票とは別の場所に住んでいる人や、新生活を始めた人にとっては非常に便利な制度です。特に若い人には知っておいて損はないはず。この記事では、不在者投票とはなにか、やり方や対象者、期間や注意点などをまとめて解説します。広島の現状にも触れています。

→記事を読む

広島の選挙区割りを徹底解説!10増10減に伴う選挙区再編も

広島の各自治体を選挙区に分類してください!いきなりそんなこと言われても難しいですよね。自分の住んでいる地域がどこの選挙区で誰が当選しているのかも、よくわからないという人も意外と多いのでは?実は第100代総理大臣の岸田文雄氏も、広島の選挙区で選出された衆議院議員なんですが、どこの選挙区なのかピンとこない人も多いかも。そこでこの記事では、広島県の選挙区割りについて解説します。今後、選挙区が再編される予定もあるので併せて知っておきましょう!

→記事を読む

Youth Vote! HIROSHIMA Webサイトを新設しました【1周年】

Youth Vote! HIROSHIMAは本日、2022年9月1日に1周年を迎えました。応援してくださった皆様には深く感謝いたします。これからも皆様のお役に立てるようメディア運営を行ってまいりますので、引き続きのご支援・ご指導のほど何卒よろしくお願いいたします。1周年に合わせて弊メディアWebサイトを新設いたしました。

→記事を読む